【体験談】ニートがインフラエンジニアになれる方法【退職済み】

ニートがインフラエンジニアになる

エンジニアに向いてるのか…?
IT企業で働けるか”無料相談”しよう!

無料の相談をするGEEK JOBインフラエンジニアコースはこちらGEEK JOBプログラマーコースはこちら

元インフラエンジニアおっさんの自己紹介

僕、SES→インフラエンジニア(CCNA取得)して辞めてます

インフラエンジニアの場合、

1年目:300万円台
2年目:400万円台
3年目:500万円台

努力すれば比較的高い再現率で到達可能な年収かなと思う

400万円台に乗せるには資格、500万円台に乗せるには設計構築の実務が必要で経験がそのまま給与反映されやすいので勉強好きは狙ってほしい

インフラエンジニアを辞めた理由

ニートがエンジニア無理になるのは、仕事で勉強続けるのが嫌になる以上に人間関係が本当にめんどくさくて、同僚もめんどくさければ上司もめんどくさければ何もかもがめんどくさくなって、いや無理じゃね。いや無理だわ。

 

こうなった瞬間に

心が折れました

 

業務上の技術面は弱々エンジニアだけどもどうにかなってたのかなあと思わないでもないですが、なんにしたってどうしたって周囲の人間関係が本当の我慢ならなくてもういいやめんどくさい無理だやってられない。こうやって僕はやめてしまいました。

 

社会人やってて面倒な大人にばかり出会う経験が増えるにつれて、適当に元現場の奴らをテキトーにあしらっておけばOK丸水産だったのは言わずもがな!ですが、どうにも当時は真面目なぼくの悪いくせで、雰囲気に耐えられず辞めました

ニートがインフラエンジニアになる準備

ニートがエンジニアになるだけだったら、名刺にエンジニアって書いて適当にSESの現場に自らを放り込むか?

頭のおかしい会社の社長を見つけて入れてくださーい土下座ズザー!人身売買関連の古式ゆかしい人的資源として仕事もできず技術もないけど経歴を偽ってIT企業に出向すれば良いだけ

 

シンプルです

 

でも、この記事を読んでいるあなたは、しちめんどくせーゴミみたいなわけのわかんねぇ奴らしかいねーいじめがはびこる最底辺のIT土方になりたくないから色々と迷いながらも情報収集をしたりしてるわけですよね?

 

とするなら、ハロワの職業訓練が第一候補です。

そのつぎに、公式ドキュメント読んでなんか作る。

もーどしよもない、そんな人はプログラミングスクール(無料)です。

1.ハロワ職業訓練

2.公式ドキュメント読んでなんか作る

3.プログラミングスクール(無料)

 

経験則から言えるのは、各プログラミング言語の公式ドキュメントをウェブで見ながらあ、こういうことかーほむほむしたり顔で楽しく毎日プログラミングを続けていれば、最悪どっかのIT企業には誰でも入れます。したり顔で楽しく毎日プログラミングを続けていれば、最悪どっかのIT企業には誰でも入れます。

 

もし、いやー誰かに教えてもらいながら最低限の基礎がないといやちょっと無理だよねぇ。そこはやっぱりベースじゃん。やっぱり優しくて教え方の上手いのある大先生に学びながら少しずつ成長していきたいよねー。

 

そう思うなら、ハロワの職業訓練です。

ここまで考えた上で、じゃぁプログラミングスクールに無料受講しながらなんとなく勉強しつつスクールが推薦するIT企業に就職するか迷ってください。

ニートがインフラエンジニアになる方法

実務未経験でインフラエンジニアを志望する場合は資格取った後か?

資格を取らずに保守運用から実務経験重ねるかのいづれかが一般的です

時間的余裕があれば半年かけて職業訓練でインフラエンジニアの勉強できます

CCNAは就職したいニートが取りたい資格

CCNA取得を検討するニートは2〜3ヶ月で暗記勝負!

*Ping-tで勉強してください

覚えてほしいのは

・CCNA資格取得はインフラエンジニアの入り口に立てる

・Cisco製品知識は手に入るから業務知識は現場で教えてもらう

・資格持ちと偉そうにせずに可愛がられるように演技する

これが大事なんでお忘れず!

CCNA対策本の分厚さへのメンタル対策

本屋でCCNA対策本探しに本屋に行ってみました

結果、分厚い15〜20cmくらいの辞書&鈍器をあなたが見つけたとします

全ての内容を覚えようとせず、試験対策だと割り切りましょう

CCNAで求められる内容の全体像は、Ping-tの方がわかりやすいです

  • Ping-t:テスト対策
  • 対策本:教科書、参考書

インフラエンジニアの業務内容を想像できず、実機を見たこと、触ったこともないなら上記のイメージでいきましょう

教科書丸暗記する必要は、本当にありませんからね!

イーサネット・サブネットマスク・二進数・プロトコルetc

CCNAを取る上では、次の2つに分けて考えます

  • 基礎知識だから知っとくといい内容
  • 計算して導き出せるようにしとく技術

正直な話、二進数、十進数変換やサブネットマスクの計算はやってないと忘れるので、覚えないとならない技術です(計算力)

でも、イーサネットやらプロトコルなどの知らないと問題文を理解できない内容は、CCNA対策本(教科書)を見て都度確認をしましょう

ニートにインフラエンジニアはブルーオーシャン

CCNA・LPIC・基本情報と取得無双して良い会社へ行くが正解ですー

ニートにインフラエンジニアのハロワ職業訓練は長い

長い目で見ればハロワ訓練生で真面目な人は強い

ニートは基本情報技術者orCCNAどちらが先?

うーん、、、

知識4択問題だけで無双できるCCNAを3ヶ月くらいで取れたら鬼強い

あと、すぐに資格取れなくても少し早いか遅いかの違いだから

何がなんでも諦めないど根性の方が面接だと受けるのは間違いないぜ!

ニートのインフラエンジニア適正【偏差値・理系文系の違い】

ニートのインフラエンジニア最弱戦略

仕事で幅持たすには勉強して資格取って営業さんにアピールだ!

ニートが職歴なしでインフラエンジニアになれる理由

心配なし🙆‍♂️🙆‍♀️

最近増えてきてインフラエンジニア向け養成スクールもほとんどがフリーターで職歴なしパターンが増えています

20代でやる気がある・勉強がそこそこできるなら会社が職歴なしについてとやかく言い出すケースはほとんどないと言い切れます

しかし

・面接で社会人のふりができない

・生涯無職で働けるのか不安を与える

上記のパターンなら面接で「職歴はほぼありませんが、インフラエンジニアの仕事を通じて技術者としての経験を積み重ねていきたいです」と伝えておけば問題なく面接通過できるはず!

ニートは基本情報技術者資格を学ぼう

インフラエンジニアはDB(データベース)の構築、設計、保守運用

これが業務になるのでIT技術者の基本的な知識は必要

WebNetworkの裏側の処理をカンペキに理解するのは難しいけど

CS(Computer Science)の基礎を覚えるには良い資格試験です

実際、インフラエンジニアになってから行う業務は

  1. 実働部隊
  2. 設計構築部隊
  3. 保守運用部隊

上記のいづれかに分けられるので、なんもわからないのは苦しいかなー

現場の中で自分自身の実力(技術力)を理解するのはスッゲー難しいんですけど、資格さえあれば最低限保障ができるの「あなたの現場での安心・自信」を得る上でもさっさと基本情報を取るのは良い選択です

ほんとに、仕事できないけどエラソ〜な連中は資格も持ってないクズor資格はあるけど手を動かせない面倒なグズのどちらかなので手早くあなたが成長して良い環境で働ける準備をしてくしかないってのが初期の現実です

12〜13歳の子供がネットワークはこうなんだーと勉強する時代がR4年(令和4年)になってるので「アプセトネデブ」とかインフラ固有の呪文すら知ってて当たり前だ!!という流れに今後5〜10年でなってしまうのが楽しみですよね

ちな、

  • アプリケーション層
  • プレゼンテーション層
  • セッション層
  • トランスポート層
  • ネットワーク層
  • データリンク層
  • 物理層

このOSI参照モデルはCCNAにも出てくるので知っておくとヨロシです

ニートがインフラエンジニアで在宅勤務できるか

無理な案件が多い

AWSなど、オンラインで作業できる仕事を目指そう!

もともと外部の会社へ出向するケースの仕事が多いインフラエンジニアは他県へ出張もある性質があるので現場で働くのが好きな人はおすすめ

在宅勤務で業務遂行パターンはフリーランスのインフラエンジニアが遠隔でデータ基盤を管理するAWS案件くらいがぱっと思いつくくらいです

チーム(数人ユニット)で業務を行いたい

他社のデータ基盤いじって働きたい

この辺りのモチベーションがあるとインフラエンジニアになっても現実と理想がマッチして良いですよー

30代ニートがインフラエンジニアになる真面目回答

コメント

タイトルとURLをコピーしました